各社のヘアカラートリートメント、使い始めてすぐは人によっては思いもよらず髪の毛が紫色っぽくなることがあります。

「なんだあ、このヘアカラーは?サイトの色と違うじゃないの!!」

と怒るのはちょっとお待ちを。


実はヘアカラートリートメントで髪色が紫っぽい状態になる場合は最初はよくあることです。
髪の表面の色素バランスが崩れて、黄色の色素が抜けやすくなるため、紫が強く出るのです。
使い続けていれば、バランスは改善され、紫はおさまります。

でも、この紫っぽさがいやな場合は、
イエロー系を足してやる、レフィーネの場合「ゴールドイエロー」を混ぜれば自然な色合いが作れるはずです。


また、ブラウン系の場合、染め始めは思ったより、赤毛っぽくしあがることもあります。

これも使い続ければ、自然な色合いに落ち着いてきますので、安心してください。

どちらの場合も使い始めは、ときどきでなく毎日使えば、定着が早くなります。


どのメーカーのヘアカラートリートメントでも最初は、
「染まらない・染まりにくい」
「思っていた色と違う」
といったことが起きます。

この段階で、「こんな製品はダメだ!」
と決めつけず、1本は続けてみてくださいね。


実際、編集部スタッフもレフィーネサスティヘアカラートリートメントを試しましたが、
最初の感想は
「こんなの全然染まらない・・・!」
でしたが、
1本の終わりには
「これ、染まりすぎる!」
に180度変わりました(笑